忍者ブログ

兼田ののとまみ日記

イングリッシュ・スプリンガーと小室

歯科治療で執刀をうけたことがない方には、移植埋入オペレーションはまあまあの痛さを想像してしまうでしょう。



どこの歯科医の執刀でも、痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術をはじめるためです。オペレーションが終わって麻酔が切れると、場合によりは痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦し向ことはほとんどないと言えます。
歯科における移植メディカルケアでは、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。持ちろん、メディカルケアをはじめる前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で手当て方針を決めて本格的にメディカルケアをすすめていくので安全性を確認しながらメディカルケアをうけられます。

それから、診療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。人工歯の中でも、移植治療はほとんど保険が適用されません。


なぜ適用されないかというと、移植治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる診療とくらべて時間も手間もかかるからです。移植を埋め込む執刀前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療をとおした費用はまあまあの額になります。もしこの治療がインシュアランス適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、インシュアランスの適用は拡大しません。



移植は、人工付け根、アバットメント、上部構造など幾つかのパーツを組み合わせて行うのです。それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。
移植(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・移植と呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特長が異なります。

執刀により、人工物である移植を体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、オペレーション後、多少の違和感があるといいます。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてちょーだい。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療をうけましょう。



移植について、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。



そもそも移植メディカルケアは北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、出来る限りの情報を手に入れるしかありません。

失った歯を再生する手当ては何種類もありますが、移植メディカルケアの問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工根元とあごの骨を結合指せてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によりなじ向ことなく移植がしっかり固定されないというアクシデントがあったら同じ穴に再び移植を埋入することができず、再執刀して、一旦削ったところをさらに深く掘ることになりますからす。

そして、移植の埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。基本的に全て自費手当てとなるのが、移植治療の現状です。



費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見うけます。



しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、治療をはじめることは実現できるようになりました。


年々利用者が増えてきた移植。


その施術とは、「移植(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の根元を埋め込み、義歯を装着するというものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


移植メディカルケアには、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
全てのインプラント患者にとって、手当て費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。



このメディカルケアはほとんどインシュアランスが適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。大まかな相場はありますので、心配しないでちょーだい。


移植一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R